本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

主要調査研究事業

2000/03/31:市町村における国保直診を核とした保健・医療・福祉の統合された体制づくり

目的

国保直診は高齢者対策の実なる充実を図るべく、地域包括ケアシステムに取り組んでいる。
今回の調査研究は、そのシステムを構築する条件、国保直診を核とした保健医療福祉の統合された体制づくりについて先進施設、モデル地域の実態を明らかにすることである。

事業内容

・実施方法及び調査方法:
(1)モデル地域の選択:地域包括ケアシステムに意欲的であと一歩の努力で統合された体制づくりが可能な地域:4ブロックより選定
(2)モデル地域の保健医療福祉実施の現状把握及び分析
(3)モデル地域の国保直診を核として統合された体制づくり実現の過程検討、更には実現に向けての計画素案の策定

・上記調査目的に従い、モデル地域における保健・医療・福祉の現状についてのレーダーチャート作成。ヒアリング、地域の意見交換会を行った。

事業成果

現状に基づく保健・医療・福祉の統合的な体制づくり事業の基本方向としては、その拠点の設備、統合化、更に国保直診を中核とした連携の推進など施設整備と一体的な人材の確保等が整理された。
また事業の推進には具体的計画の作成が必須である。課題としてハード、ソフトの一体的整備、財源の確保がポイントとなることが明らかになった。

報告書

 報告書

ページトップへ