本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

主要調査研究事業

2019/04/10:よりよく生ききるための人生会議に関する地域社会資源による支援事業

本事業は、令和元年度独立行政法人福祉医療機構「社会福祉振興助成事業」にて実施中です。

目的

 健康時から人生の最終段階に至るプロセスにおいて、急性期を乗り越え慢性疾患管理に移行するにあたりこれからの生き方について混乱、困惑していて、病と共に生きるための支援を必要とする人、および安定した外来通院や在宅療養といった生活の場の時期と入退院時期を行き来するケアサイクル途中における人が、生き方・生ききり方を考え、本人らしい人生を送ることを目的に、そうした時期の人生会議への取り組みを関わる本人家族も含めた多職種によって支援する活動を実施する。

事業内容

Ⅰ.実施期間
 令和元年4月1日~令和2年3月31日
Ⅱ.委員会名
 人生会議(ACP)普及推進検討委員会
Ⅲ.実施内容
(1)人生会議(ACP)普及推進に関する検討
(2)医療機関(外来・入退院)、介護福祉施設、在宅療養における人生会議開催手引きと啓発資料の作成
(3)人生会議(ACP)の運用手法を習得することを目的とした多職種研修会のコーディネーター研修(実務者研修会)開催
  (対象:モデル活動地域担当者)
(4)モデル活動・評価:〔連携団体〕全国8か所
  ○連携団体(モデル地域)でのモデル事業〔人材育成〕
   多職種研修会における人生会議(ACP)を題材とした研修会の企画・運営
  ○連携団体(モデル地域)でのモデル事業〔対象者支援〕
   医療機関(外来受診時・入退院時)、介護福祉施設利用時、在宅療養における人生会議の開催
ⅵ活動報告作成
 活動報告書
 

事業成果・報告書

○令和2年4月上旬掲載予定

ページトップへ