本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

主要調査研究事業

2007/03/31:望まれる在宅医療・介護に関する調査研究事業

目的

保健医療福祉(介護)の資源に恵まれている都市部に比較して、そのサービスが十分に確保できない中山間地域(とりわけ高齢化率が高い地域)(以下、中山間地域という。)においては、サービスの選択肢も決して多くはなく、受給者側が求めるサービスに対するスムーズな提供に支障をきたしているのが現状である。
本事業では中山間地域における住民の在宅医療・介護についての理解度、満足度、かかる費用、在宅医療・介護に対する要求・期待など受療者および家族の本音、提供されている医療・介護の実態と報酬などを含めた在宅医療・介護提供者側の実情、在宅医療・介護の取組みの実施状況について調査し、望まれる在宅医療・介護の姿を明らかにし在宅医療・介護の普及推進に寄与することを目的とする。

事業内容

近日更新予定

報告書

サマリー  ・報告書

ページトップへ