本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

主要調査研究事業

2012/03/31:ケアプランへのリハビリ支援が介護支援専門員及び介護職のケア内容に及ぼす効果に関する調査研究事業

厚生労働省老人保健健康増進等事業の国庫補助を受け実施致しました。


目的

先行調査にて、リハビリ専門職が介護職員に生活リハビリの視点を指導・助言を行なうことにより、ケアの質が向上する効果が確認されている。よってその効果を実践するためには、生活リハビリの視点をケアプランに取り入れることが重要である。
このことから、リハビリの視点を取り入れたアセスメント方法やケアプランの作成、プランに沿ったケアの実践を可能にする方策を明らかにすることで、リハビリ専門職によるケアプラン作成支援、さらには、リハビリ専門職がいない地域や施設でも、利用者の症状や状態等に応じた生活リハビリの実施が可能となる方策の検討を行う。

事業内容

Ⅰ.実施期間
平成23年6月10日(金)~平成24年3月30日(金)
Ⅱ.検討委員会名
介護支援専門員及び介護職員へのリハビリ支援にかかる調査研究委員会
Ⅲ.実施内容 
モデル事業・ヒアリング調査の実施(全国6地域程度)
適切なリハビリ支援の在り方の検討・整理
.成果物
「事業結果報告書」を作成

事業成果

事業サマリー及び報告書をご参照ください。

報告書

サマリー  ・報告書  

ページトップへ