本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

主要調査研究事業一覧

主要調査研究事業詳細

2021/03/31

離島・中山間地域における「地域医療構想」の実現と、それと連動する「地域包括ケア」の継続・深化による「まちづくり」に向けた調査研究事業

本事業は、令和2年度厚生労働省「老人保健健康増進等事業」にて実施しました。

目的

本事業では、「地域医療構想」の実現とそれと連動する「地域包括ケア」の継続・深化の在り方を検討し、その地域毎の状況に応じた「まちづくり」を実現するために、住民参加も含め地域がどのように取り組んでいけばよいかを明らかにするために、特に人口減少の最先端地域である離島・中山間地域において、こうした課題に対する取り組み事例の収集・整理を行い、今後様々な自治体において検討・取り組みを進める際の課題、その対応の在り方を提示することを目的に調査研究を行う。
※対象エリア:全国の国保診療施設及び国保診療施設設置市町村 

事業内容

Ⅰ.実施期間   令和2年7月1日~令和3年3月31日
Ⅱ.実施内容
ⅰ委員会等の設置

(委員会)
  「離島・中山間地域における「地域医療構想」の実現と、それと連動する「地域包括ケア」の
 継続・深化による「まちづくり」に向けた調査研究委員会」
 委員長 後藤忠雄(岐阜県:県北西部地域医療センター長・国保白鳥病院長)
(作業部会)
 部会長 三枝智宏(静岡県:静岡県:浜松市国民健康保険佐久間病院長)
ⅱ実態調査の実施

 「医療提供体制の継続取り組みあるいは在り方検討とこれに連動した地域包括ケアへの取り組
  み、住民の役割に関する実態調査」の実施(アンケート)
  ※対象:国保診療施設及び国保診療施設設置市町村 *別々に実施。
ⅲ 現地訪問調査の実施

 ⅱで把握された特徴ある取組地域のヒアリング調査を実施する。
ⅳ 「離島・中山間地域における「地域医療構想」の実現と、それと連動する「地域包括ケア」の
 継続・深化による「まちづくり」に向けた提言」に関する検討
Ⅲ.報告書等の作成
 事業報告書の作成
*研究協力:日本経済研究所

  

事業成果・報告書

報告書PDF

 

一覧へ戻る

ページトップへ