地域包括医療・ケア認定制度

お知らせ

2016年7月20日

地域包括医療・ケア認定制度の申請にあたっての事前確認事項

地域包括医療・ケア認定制度の申請にあたっては、次の要件を満たしていることが必須条件となりますので、事前にご確認いただきますようお願い申し上げます。

◎認定施設
①地域包括医療・ケアを実践する実績が5年以上あること
②所属職員が地域包括医療・ケアに関する学会・研究会(院内研修会等を含む)への参加実績又は地域包括医療・ケアに関する研究の実績(院内誌等への発表を含む)があること
③新臨床研修制度に積極的に取り組み、研修医の受入れ、指導に意欲があること
※具体的な取り組み状況(地域包括医療・ケア実践要件)については、申請書類にてご確認ください。
※必要な申請書類は、「①様式第1号、②別添1の1、③別添1の3」の3点
※実践申立書の内容については必ず、地域包括医療・ケアに関する取り組み内容を記載ください。

◎特例施設
①地域包括医療・ケアの推進に貢献し、認定施設とともに臨床研修病院群を構成する等、新臨床研修制度の理念に則った医師・歯科医師の養成に努めている施設であること。
※具体的な取り組み状況(地域包括医療・ケア実践要件)については、申請書類にて確認ください。
※必要な申請書類は、「①様式第1号、②別添1の2、③別添1の3」の3点

◎認定医
①認定施設において地域包括医療・ケアを実践している実績が5年以上あること
②地域包括医療・ケアに関する学会・研究会(院内研修会等を含む)への参加又は地域包括医療・ケアに関する研究の実績(院内誌等への発表を含む)があること
③教育指導に関して熱意があり、教育指導の経験があること又は、指導医講習会への参加経験を有していること
※具体的な取り組み状況(地域包括医療・ケア実践要件)については、申請書類にて確認ください。
※必要な申請書類は「①様式第1号、②別添2、③別添2の1」の3点
※認定施設の申請と同時申請が可能です。ただし、施設認定が認められない場合は、認定医の申請も認められませんので、ご注意願います。

※実践申立書の内容については必ず、地域包括医療・ケアに関する取り組み内容を記載ください。

◎特例認定医(認定施設を受けていない施設所属の医師・歯科医師)
①所属施設が地域包括医療・ケア認定施設の認定を受けていない場合には、認定医と同程度の実績があること。また、所属施設(院長等)もしくは、本認定医を受けている医師又は歯科医師の推薦があること。
※具体的な取り組み状況(地域包括医療・ケア実践要件)については、申請書類にて確認ください。
※必要な申請書類は「①様式第1号の2、②様式第1号別添2の2、③様式第1号別添2の3、④様式第1号別添2の4」の4点
※実践申立書の内容については必ず、地域包括医療・ケアに関する取り組み内容を記載ください。
※推薦にあたっては自己推薦は認められません。

◎認定専門職
①認定施設において地域包括ケアの業務に従事している実績が5年以上あること
②地域包括ケアに関する学会・研究会(院内研究会等を含む)への参加実績又は地域保健・医療に関する研究実績(院内誌への発表含む)があること
※具体的な取り組み状況(地域包括医療・ケア実践要件)については、申請書類にて確認ください。
※必要な申請書類は「「①様式第1号、②別添3、③別添3の1」の3点

注 申請書類に不備がある場合は認定審査委員会にて審査ができかねますので、申請書の提出前に今一度申請書類が揃っているか、必要事項を記入できているかをご確認ください。

一覧へ戻る

サイトマップ | リンク集 | 個人情報保護方針