本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

事業推進

全国国保地域医療学会 第23回

全国国保地域医療学会

実施内容詳細

第23回 全国国保地域医療学会

開催地: 広島市 広島市公会堂等
開催日: 昭和58年9月27日~29日
学会長: 所属・役職:御調町御調国保病院
氏名:山口 昇

メインテーマ

「高齢化社会への対応」

(記念誌:地域医療は時代の要請 世界の平和都市広島での学会)

特別講演

「画像診断への進歩」

九州大学医学部教授 松浦 啓一

 

「救急蘇生法の進歩」

広島大学医学部付属病院長 盛生 倫夫

パネルディスカッション

「老人保健医療へのアプローチ~老人保健法を中心として~」

シンポジウム

「高齢化社会における地域医療~医療と看護~」

 

自由討議

(自由討議1)

「国保直診の経営上の問題点ろ今後の対策」

(自由討議2)

「過疎地医療の問題点とその対策」

 

会員宿題報告

(会員特別報告)

「健やかな町づくりえをめざして~西城町における誕生日健診~」

広島県・阿多 雄一

 

「国保診療施設と老人保健~新潟県大和町の実践を通じて~」

新潟県・黒岩 卓夫

 

(部会報告)

地域医療部会

研究発表等

研究発表:98題

学会長所感

「高齢化社会への対応」

第23回全国国保地域医療学会 山口 昇

国保直診開設者サミット

なし

学会レポート

PDF 学会レポートのPDFはこちら 機関誌「地域医療」より抜粋  ※現在編集中

ページトップへ