本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

事業推進

全国国保地域医療学会 第16回

全国国保地域医療学会

実施内容詳細

第16回 国保地域医療学会

開催地: 岡山市 岡山衛生会館
開催日: 昭和51年10月9日~11日
学会長: 所属・役職:岡山県・邑久町国保病院長
氏名:岡本 嘉之

記念誌

心やすらぐ よい医療を 中国路岡山で全国学会

 

特別講演

「肝硬変症と肝癌」

岡山大学学長 小坂 敦夫

 

「心臓血管外科の最近の進歩」

岡山大学医学部教授 砂田 輝武

 

「リウマチの治療と総合対策」

岡山大学医学部教授 児玉 俊夫

 

「国民健康保険と老人医療」

厚生省保険局国民健康保険課長 館山 不二夫

 

パネルディスカッション

「立地条件よりみた直診の問題点と将来について」

 

シンポジウム

「離島(へき地)における地域医療について」

 

自由討議

なし

 

会員宿題報告

(会員特別報告)

「直診医師としての25年を顧みて」

香川県・仲西 弘孝

 

「国保直診医師処遇改善対策について」

直診医師処遇改善対策検討委員会委員長 有元 憲

 

「和良村の保健医療活動」

岐阜県 校篠 恒久

 

研究発表等

研究発表:39題

 

ランチョンセミナー

なし

 

国保直診開設者サミット

なし

 

学会レポート

PDF 学会レポートのPDFはこちら 機関誌「地域医療」より抜粋  ※現在編集中

ページトップへ