本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

事業推進

主要調査研究事業

主要調査研究事業

2016/03/31:地域の実情に応じた在宅医療・介護連携を推進するための多職種研修プログラムに関する調査研究事業

平成27年度 厚生労働省老人保健健康増進等事業の国庫補助を受け実施しました。

目的

 本事業では、これまで各地域で行われてきた多職種研修の内容と効果を集積し、多様な地域属性、地域資源、現状の協働レベル、協働する時相などに合わせた魅力ある多職種研修プログラムを提案することを目的とする。
 特に、本会でのこれまでの実践例も踏まえ、全国の市町村数でみると約3分の1程度を占める、未だ地域資源が乏しく、地域包括ケアシステムの構築に向けた多職種連携が進みにくい地域での研修プログラムを提案する。

事業内容

Ⅰ.実施期間
平成27年6月10日(水)~平成28年3月31日(木)
Ⅱ.検討委員会名
地域の実情に応じた在宅医療・介護連携を推進するための多職種連携プログラムに関する調査研究委員会
Ⅲ.実施内容
ⅰ委員会の設置
ⅱ「在宅医療・介護連携を推進するための多職種研修プログラムに関する実態把握(アンケート調査)」の実施
ⅲ先進的取組地域に対する在宅医療・介護連携を推進するための多職種研修の把握(訪問ヒアリング調査)」の実施
ⅳ多職種連携に向けた研修プログラムの作成
Ⅴ研修プログラムのモデル実施(モデル事業)の実施
ⅵ地域の実情に応じた在宅医療・介護連携を推進するための多職種研修プログラムの普及推進に関する検討・報告書作成する検討・報告書作成
Ⅳ.成果物
「事業結果報告書」

事業成果

 サマリー

報告書

  報告書 

= 過疎地域等における多職種研修 =  小規模自治体における多職種研修実施のご提案

 過疎地域等における多職種研修プログラム・運営ガイド
 ロールプレイを始めるまで
(ロールプレイ用標準シナリオ)
   シナリオ①   シナリオ②   シナリオ③   シナリオ④   シナリオ⑤

事業連携・協力

本事業の実施においては、東京大学高齢社会総合研究機構のご協力をいただいております。
先進的に、多職種研修を実践された内容を教材等も含めて提示されておりますのでご紹介させていただきます。

在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会
研修運営ガイド

ページトップへ