本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

主要調査研究事業

2000/03/31:地域リハビリテーション体制の整備・強化に関するモデル事業

目的

国保直診を中核に、リハ専門職派遣等を通じて、地域リハビリテーション活動を展開していくための連携システムの確立をモデル的に実施し、その方法や内容に関するノウハウ及び課題を明らかにし、全国の国保直診に広めるための方策を検討することを目的とした。

事業内容

(1)事業実施対象施設:
平成10年度事業(地域リハビリテーション機能推進調査事業)に参加した国保直診施設から、地域支援型7病院、独立実施型1病院、支援受入型1診療所を選びモデル事業を実施した。
(2)事業内容:
以下の①~⑤の事業のうち、①はすべての直診で行い、②~⑤についてはいずれか2つ以上を選択して実施した。
①地域内他医療機関への支援(又は他機関からの支援受入)
②市町村老人保健事業への支援
③地域住民・患者等への啓発活動
④リハビリテーション施設の開放
⑤地域リハビリ推進組織づくり・リハビリ従事者研修等

事業成果

(1)結果:
①関係職員や地域住民のリハについての知識・技術が向上した。
②地域リハの理念や方針の共有ができた。
③有効なリハ効果を認めた。
(2)成果:地域リハ活動の取り組み指針の作成。
(3)課題:公的機関との役割分担、不採算事業のコスト回収のあり方等

報告書

 報告書

ページトップへ