本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

全国国保地域医療学会

実施内容詳細

第20回 国保地域医療学会

開催地: 徳島市 徳島県郷土文化会館
開催日: 昭和55年10月31日~11月1日
学会長: 所属・役職:徳島県・半田町立半田病院長
氏名:荒木 正実

記念誌

「南海道での学会は16年振り」

特別講演

「食道静脈瘤の出血の病態と治療」

鹿児島大学医学部教授 秋田 八年

 

「臨床心電図学の最近の進歩」

徳島大学医学部教授 森 博愛

パネルディスカッション

「国保診療施設の今後のあり方」

シンポジウム

「国保診療施設とプライマリ・ケア」

自由討議

なし

会員宿題報告

(会員特別報告)

「塩と健康について」

徳島県・平島 裕正

「脳卒中のリハビリテーション」

栃木県・橋本 康弘

 

「地域医療における病院管理と農村地帯の胆石症について」

茨城県・三宅 和夫

研究発表等

健く湯発表:46題

ランチョンセミナー

なし

国保直診開設者サミット

なし

学会レポート

PDF 学会レポートのPDFはこちら 機関誌「地域医療」より抜粋  ※現在編集中

ページトップへ