本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

事業推進

全国国保地域医療学会 第14回

全国国保地域医療学会

実施内容詳細

第14回 国保地域医療学会

開催地: 小田原市 市民会館
開催日: 昭和49年11月20日~22日
学会長: 所属・役職: 神奈川県・小田原市立病院長
氏名:北条 龍彦

記念誌

地域医療の真髄を求めて~都市国保の先進小田原に集う~

特別講演

「医聖に関する問題」

前厚生事務次官 戸沢 政方

 

「感染に対する生体の防御」

東京大学医学部教授 小林 登

 

「北條早雲と素性の謎」

神奈川県小田原市文化財保護委員 立木 望隆

 

「癌の化学療法の最近の進歩について」

北里大学医学部教授 秦 藤樹

パネルディスカッション

「国保診療施設の役割の再評価」

シンポジウム

「ねたきり老人対策は如何にあるべきか」

自由討議

なし

会員宿題報告

「救急医療の諸問題」

神奈川県・平塚市民病院長 玉村 一雄

研究発表等

研究発表:42題

ランチョンセミナー

なし

国保直診開設者サミット

なし

学会レポート

PDF 学会レポートのPDFはこちら 機関誌「地域医療」より抜粋  ※現在編集中

ページトップへ