本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

事業推進

全国国保地域医療学会 第13回

全国国保地域医療学会

実施内容詳細

第13回 国保地域医療学会

開催地: 東京大手町 経団連会館
開催日: 昭和48年10月26日~27日
学会長: 所属・役職:国保医学会会長(富山県・上市厚生病院長)
氏名:越山 健二

記念誌

「地域医療の担い手を自任して!久し振りで東京に集う」

特別講演

「医療問題について」

厚生省医務局長 滝沢 正

 

「環境汚染による健康崩壊の危機~水銀汚染を中心に~」

東京大学医学部教授 白木 博次

 

「疾病と公害」

金沢大学医学部教授 武内 重五郎

 

「これからの地域保健活動のあり方」

厚生省公衆衛生局地域保健課長 山本 宣正

パネルディスカッション

「地域医療と国保」

シンポジウム

「地域医療のシステム化」

自由討議

なし

会員宿題報告

「一臨床医の人生観~地域病院勤務30年の経験から~」

富山県・黒部市厚生病院 草野 久也

研究発表等

研究発表:30題

ランチョンセミナー

なし

国保直診開設者サミット

なし

学会レポート

PDF 学会レポートのPDFはこちら 機関誌「地域医療」より抜粋  ※現在編集中

ページトップへ