本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

事業推進

全国国保地域医療学会 第10回

全国国保地域医療学会

実施内容詳細

第10回 学術総会

開催地: 銚子市 銚子市体育館
開催日: 昭和45年10月23日~25日
学会長: 所属・役職:千葉県・国保国吉病院長
氏名:尾本 芳次

記念誌

「医療の底辺を支えるものは誰か!!」

特別講演

「医療保険制度の改革の方向」

千葉県知事 友納 武人

 

「医療行政の1・2の問題~僻地医療~」

厚生省医務局長 松尾 正雄

 

「肺疾患の手術適応の考え方」

千葉大学医学部教授 香月 秀雄

 

「特別交付税について」

自治省公営企業第二課長 神埼 治一郎

パネルディスカッション

編集中

シンポジウム

「看護の問題点」

「直診施設活動」

自由討議

「直診の将来像」

会員宿題報告

「公衆衛生活動の実際」

石川県・公立能登総合病院長 奥田 幸造

 

「腎炎の臨床」

新潟県・水郷原病院長 寺田 一郎

研究発表等

地元発表:「千葉県国保病院診療所白書」千葉県・国吉病院長 尾本 芳次

ブロック毎発表:「保健婦活動」

一般演題:36題

ランチョンセミナー

なし

国保直診開設者サミット

なし

ページトップへ