本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
サイト内検索

主要調査研究事業

2017/06/21:中山間地域等(離島及び中山間地域)の小規模自治体(保険者)における地域包括ケアシステム構築の好事例の実態把握と都道府県、地方厚生(支)局の支援方策のあり方に関する研究事業

平成29年度厚生労働省「老人保健健康増進等事業」の助成を受け実施します。

目的

本事業では、中山間地域等における地域包括ケアシステム構築の現状を調査するとともに、少ない人材、資源の中で、地域独自の工夫、エリアを市町村単位と考えずより広域あるいは逆に市町村を分割した取り組みなどについての情報も収集して好事例集を作るとともに、国や都道府県による支援のありかたについて検討することを目的とする。

※中国四国厚生局、四国厚生支局と合同実施
※活動エリア:中国四国厚生局管内(9県)

事業内容

Ⅰ.実施期間
  平成29年6月12日(月)~平成30年3月31日(土)
Ⅱ.委員会名
  中山間地域等の小規模自治体における地域包括ケアシステム構築実態把握と支援方策のあり方に関する検討委員会

Ⅲ.実施内容
ⅰ委員会等の設置
 中山間地域等の小規模自治体における地域包括ケアシステム構築実態把握と支援方策のあり方に関する検討委員会
 他:作業部会の設置(居住の確保に関する内容)予定
ⅱ実態調査の実施
 中国四国厚生局管内の中山間地域(過疎地域市町村等)(155ヶ所)
ⅲ実地調査(現地訪問調査)の実施
 中国四国厚生局管内の9県各1自治体(市町村)(9ヶ所)
ⅳ中山間地域における、地域の実情に応じた地域包括ケアシステムの構築のあり方に関する検討
 ・医療介護連携に関する検討(保健事業・介護予防との連携含む)
 ・住まいの確保に関する検討
 ・リソースネットワークに関する検討
 ・好事例(先進事例)を収集し、今後の国及び県が市町村支援方策のあり方を検討する。
Ⅴ報告書等作成
 中山間地域における地域包括ケアシステム好事例集(仮)
 報告書
Ⅵその他
 報告会の開催予定

 

事業成果・報告書

○年度末(H30.3月発表)

ページトップへ